シミ消したい方におすすめ!ビーグレンの口コミ情報・使い方や使い心地をレビュー(シミの経過やシワや肌状態の写真付)ビーグレンってどうなんだろう?と思ってる方必見!

ビーグレン 口コミ【シミが消えてきた画像もアップ♪】ブログ

紫外線対策

【紫外線対策】日焼止めのSPFって数値が大きい方が良いと思ってた!?

更新日:


私、正直な話、日焼止めのSPFって数値が大きい方が良いと思ってましたっ!!ところが、先日めざましテレビの紫外線対策グッズ特集を見ていたら、実は、そうではない事がわかりました~^^;

さて、日焼け止めSPFとは、なんなんでしょう?今更ですが、初めて詳しく調べてみました!(笑)

紫外線基本情報:紫外線にはUVB波とUVA波など他色々あります。日焼けに関連する主な紫外線はUVB波とUVA波。UVB波はエネルギーが強く、肌の表面の細胞を傷つけたり炎症を起こしたりするタイプ(肌が赤くなる、ヒリヒリする)のもの。UVA波はUVB波ほど急激な変化はみられないが、すぐに肌が黒くなる日焼けのタイプのもの。(最近はUVA波がシミやしわの発生に関わっていることがわかってきたそうです。)

SPFとは紫外線防御指数で紫外線のうち、UVB波を遮断する効果の程度を表す指標。

SPFの計算方法:SPF1が20分。
例えばSPF30なら、20分×30倍=約600分(10時間)日焼けを防ぐ事ができる。

PAとはUVA波防御指数だそうで、+が多い方が防御できるってわけですね!

しか~し!

日焼け止めに使用されている成分紫外線防御剤は、おおまかに紫外線散乱剤と紫外線吸収剤で、紫外線散乱剤は紫外線を反射させ、紫外線吸収剤は紫外線を吸収させるものなんだそう。SPF30や50などの日焼け止めには吸収剤が多く使われているけれども、合成化合物が多く、アレルギー反応や炎症を起こす可能性もあるんだとか!=肌にあんまり良くない。。。

めざましテレビの実験では、スタッフ2名が犠牲になり(笑)、日焼け止めなし、SPFが24、32、50それぞれを塗って調査。1人はSPFの数値の高いほうが日焼けしなかった。もう一人は塗らないのと塗ったのには違いがあったけど、SPF24、32、50にあまり違いはなかったんです。

人によって肌の質も違うし、時間によって焼け方も違う。spf × 時間は効果があるけれども、肌の負担になることも!ただSPF数値が高ければいいってものでもないので、「こまめに塗り直す」というのが一番よさそうですね!

ビーグレンの化粧下地「ヌーディーヴェール」 もいいですよ

※ビーグレンをはじめて購入される方は、先に トライアルセット の購入をおススメします。万が一肌に合わなくても365日間返品・返金保証ですし、割引クーポンがついてますのでまずはトライアルセットを購入してみてっ♪

各種トライアルセットの詳細はこちら↓↓↓ 

シミ、色素沈着  /  ほうれい線、たるみ  /  眉間や額の深いシワ  /  目元のしわ、目元のくま、まぶたのたるみ  /  頬の毛穴  /  毛穴の開き、黒ずみ  /  肌の乾燥  /  ニキビ  /  ニキビ跡  / 

※ビーグレンをはじめて購入される方は、先にトライアルセットの購入をおススメします。万が一肌に合わなくても365日間返品・返金保証ですし、割引クーポンがついてますのでまずはトライアルセットを購入してみてっ♪

各種トライアルセットの詳細はこちら↓↓↓

シミ、色素沈着  /  ほうれい線、たるみ  /  眉間や額の深いシワ  /  目元のしわ、目元のくま、まぶたのたるみ  /  頬の毛穴  /  毛穴の開き、黒ずみ  /  肌の乾燥  /  ニキビ  /  ニキビ跡  / 

-紫外線対策
-,

Copyright© ビーグレン 口コミ【シミが消えてきた画像もアップ♪】ブログ , 2017 All Rights Reserved.